こんばんはヨシカズです。

今回もネットビジネスの最初のステップに実践して

成功体験を得やすいと言われる転売のオファーが届きました。

この転売をきっかけに脱サラできるステージまでのぼりつめた人も多い反面

ライバルの多さで断念したり、作業量の多さに比べ収入が多くないので辞めてしまう人も

多いのが事実です。

今回のオファーではその点をどうクリアできるのかさっそく内容を見てみます。



【運営者情報】

運営会社:株式会社マルチノックス

住所:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階

メールアドレス:info@multi-knocks.com

オファー主:浜西誠

せどりの常識を覆す”月利40%超え”

月収40万円の安定運用

という触れ込みです。

この文面からすると、今回は情報弱者というよりも、

転売を初めてみたものの、

思ったよりも大変な思いをしているクラスの人向けの商材ともいえます。

今回は、せどりや転売の生い立ちを全くご存知ない方の為にちょっと長めですがご説明いたします。

もともとせどりとは、

古本屋仲間の店頭から本を、転売目的で抜いて買うこと。それをする仲買人。

のことで本の転売のことを示す言葉でした。

その後、販売先がAmazonになっていったのを機に

ブックオフなどの古本屋で仕入れてAmazonで売る行為(Amazon転売)がせどりと思われるようになり、

そこから発展して、いろいろなものを買ってAmazonで売る行為自体も

せどりと通称で呼ばれるようになりました。


次にこのネットビジネスでいう転売についてですが、

1999年あたりにヤフオクが登場して、

地方で手に入らないものを安価でかって定価で売ったり

プレミア商品やチケットを定価で買って

高額で売るという商売も始まりました。

その後Amazon様が登場してきます。

Amazonは近所の家電量販店よりも安く販売しているものが多くあるので、

Amazon価格は市場より安いという信用が定着して、

巷よりも高いものがあっても、疑いを持たずに買ってくれる人が続出したことに目を付けたのが

Amazon転売の始まりです。

Amazonより安くてに入れれば安定価格でアマゾンで販売できるのです。

オークションのようにあわよくば高く落札されるという期待感は損なわれますが、

Amazon様の価格は暴落しにくいので

仕入れ値とAmazon価格だけを見ていればいいという

利点があります。

説明が長引きましたが、今回のオファーのビジネスモデルはまさにAmazon転売です。

下の図によりますと、仕入れにいかないというので、ヤフオク仕入れがメインとなるはずです。

店舗仕入れですと上記にあるように2割も稼げません。

もちろん、その薄利多売で着実に実績を伸ばして脱サラした人は居るには居ますが、

初心者がそこまで熱心にやり込むにはかなりの努力が必要です。

しかし、この浜西式せどりですと利益率40%越えとありますので、

新品転売では不可能ということで中古転売になるかと思われます。

なぜなら、以前二回ほど、これと同じ手法で塾生を募集していたことがありました。

その時も中古家電をヤフオクから仕入れて

Amazonで転売という手法でした。

しかし、その利益率40%はAmazonの手数料や送料などすべて抜いた純利益なのかどうかは

確認できていません。

Amazonは出品する種目によって1%単位で手数料が違うので簡単に40%の利益と言うことが難しいのが現実です。

それと同一、同コンディション出品者内での競争になりますので、40%利益の商品を仕入れたとしても

その利益率のまま売りぬくことが出来るのは、競争相手の居ない品目になります。

しかしそういう品目は動きが遅いのが現状ですし、動きが早い品目はライバルが多いです。

あなたが40万円稼ぎたい場合、最低でも100万円用意する必要があるのですが、それが簡単にできず、

ほとんどの方はカードで買って支払い前に売りぬくことで自転車操業しています。

しかも、これは浜西氏の言う40%の場合であって、

通常の場合利益率は10~15%なので400万円分の

カードを切れるぐらいか自己資金として用意できないと

実現しないことになるのです。

月収40万円はそう簡単でもないというのがお判りになったでしょうか。

あと、先ほどブックオフせどりが稼げた時代があったと書きましたが、

現在は飽和してなかなか簡単には稼げなくなっています。

(ブックオフの転売ヤーに対する対策もあり)



今回の浜西式せどりでは、仕入れが自宅で簡単とありますのでなにかしらのツールが用意されていて、

販売においても「決められた作業をして利益」とあるので、テンプレートで説明文が出せたり、

ライバルとの価格競争も自動でする機能もついているのでしょう。

調べて見ますと、前回のオファーでは以下の二つのツールを最終的に高額販売したようです。


「お宝ハンターザクザクくん」はヤフオクのアラート(欲しい商品、値段のときにお知らせ)を自動化する程度のツールですね。


もしくは、Amazonのほうの品切れ商品をピックアップしてくれて、ヤフオクアラートをかけてくれるものでしょう。

もう一つの「セラーハック」は売れている人のセラー(在庫・倉庫)を自動チェックするツールと思われます。

きっと、その売れている商品をヤフオクアラートに自動登録できるとか言って簡単確実とか言うのでしょう。


確かにAmazon転売を円滑に進めるにあたり、ヤフオク仕入れの場合アラートの活用と

ライバルセラーの動向をチェックするのは今までは自らが行ってこなければいけなかった部分です。

実はそれを繰り返すことにより、徐々に的確なアラートの設定ができるようなったり、

ライバルセラーの売れ行き商品の見抜き方を習得することができるのですが、

このようにツール任せにしてしまうと、結局自分のスキルはいつまで経っても向上していないことに気づかされます。

ですから初心者こそが、

手動で実績と経験を徐々に積み上げていくことが、

長くその商売をする秘訣になるのです。

そしてツールは最終的に有料で使用することになるので入会金などの請求があることは間違いないです。


浜西氏はあなたを稼がせたいのではなく、自分が稼ぎたいのです。


実際には、ネットで検索すると、無料で有益な情報をかなり集めることができます。

まずはそこから地道にプロの転売ヤーを目指すことをオススメいたします。

もしもオファー主の言ってることとやってることに矛盾や疑問を感じたら、お気軽にご相談ください。

そして当ブログをブックマークしてください。

有益な情報もご紹介していきます。
ヨシカズでした。


あなたからのメールお待ちしております


副業のお悩みなど些細なことでも構いませんのでご連絡ください。

鈴木喜一に連絡

メーラーが立ち上がらない場合こちらをコピペしてください。

diet2003a@gmail.com