こんばんはヨシカズです。

今回も仮想通貨のお話をしていこうと思います。

仮想通貨というと現物のない、ゲームマネーのようなものだという認識が強かったのですが、

今年3月の日本経済新聞に


「三菱東京UFJ銀行が2018年初から

仮想通貨流通量第2位のリップルのブロックチェーン技術を利用した

国際送金サービスを始める。」

という記事が載り、日本のメガバンクまでもが仮想通貨を信用したのだと思いました。
松本敏彦こと太陽氏の記事の時にも触れましたが、

(松本敏彦こと太陽氏の誘いで仮想通貨に投資しすぎると危険です。)
「仮想通貨交換業」は内閣総理大臣の登録を受けた者だけが

を営めると法律できまり日本での信用度はますます上昇しています。

今回ご紹介するのは、

その仮想通貨の流通量第一位の

ビットコインで稼ぐ

というオファーです。

オファー名:ビットコインアービトラージシステム

オファー主:名波はるか

リスクがなく、仮想通貨デビューが可能ということです。

通常リスクと収益性は比例していますが

リスクなく利益だけサクサク拾いまくることなど

本当にできるのでしょうか。

LPを読み進めてみたいと思います。


今回のオファーは、題名にもあるように

ビットコインをアービトラージという取引方法で稼ぐというものです。

とその前に、

ビットコインって名前は聞いたことあるけど

何なのかがわからないという方のために

簡単ではありますがビットコインについて説明します。

ビットコインとは2009年の運用開始時1円未満の価値しかなかったのですが、

なんと2013年には1BTCが128,000円にまで高騰した

記録をもっている仮想通貨です。

1万円分持っていたら1億円以上に増えていたというわけですね。

ちなみに先月のピークで1BTCが30万円、本日(2017/7/14)の終わり値が26万2千円となっております。

ここの所は大きく上がったり下がったりはしていない模様です。おそらくまた年内に30万円にのってくるでしょう。
そして、もう一つ聞きなれない言葉かと思われます

アービトラージの方も、ご存知で無い方の為に簡単にご説明いたします。

アービトラージとは裁定取引といいます。

金利差や価格差を利用して売買して、利ザヤを稼ぐ手法です。

サヤ取りとも言われております。

アービトラージはFXで良く使われておりましたが、

ここ最近、ビットコインなどの暗号通貨と相性が良いと話題なりました。

先にサヤ取りの説明ですが、

ひとつの取引所で仮想通貨を買い、

価格差のある別の取引所に仮想通貨で売って利ザヤをとる方法です。

各国の取引所の間では価格差が出ていることがあります。

そして国内の各取引所でも大きな売り買いがあると価格差がでます。
LPでも簡単に説明してありました。


価格差を利用すれば

LPに書いてあるように

安く買って高く売る転売と同じように

再現性100%なのは事実です。



そして、今回のオファーは、アービトラージシステム

というぐらいですから、その利益差がうまれている状態の取引所を

アラートで知らせてくれるとかいう類のサービスなのでしょう。

問題点


一つ目ですが、

先ほど取引所によって価格差があると申し上げましたが、

一つ申し遅れました。

実は、取引所間の価格差は時間が経つと無くなるのです。

ですから、ビットコインを取引所間で移動している間に

取引所間の価格差が解消しまっていることが多いのです。

よってアービトラージは、思っているよりうまくいきません。

しかも、アービトラージは実行する人が多くなればなるほど、

価格差はすぐに調整されるようになるのです。

仮に、差益が埋まる前に取引できたとしても、薄利になってしまいますので


確実に勝つのならば投資額を多くする必要が出てきます。

それと、取引には手数料がかかるので、薄利のものを買ったり売ったりしていては赤字になってしまいます。

LPでも現実に物を動かす物販に例えていますが、

現実生活に手数料での赤字を例えますと、

家で、チラシをみて、キャベツはあそこのスーパーが100円安いとか

こっちが50円高いとか言って移動する間の燃料代で結果赤字になって居た。

みたいなものです。

あと、価格差がなくなる仕組みは

中心街のアーケードで行われている

ドラッグストアのタイムサーピス合戦なんかいい例です。

価格差が多いと思ったら

しばらくすると各店舗が調べ上げて大体同じぐらいになって居ますからね。


その他の問題で考えられるのは、

各取引所に入金しておかねばならないので

ある程度のまとまった資金が必要になることです。

それを踏まえたら、

おっかなびっくりの初心者や資金の無い人は稼ぐことは難しいでしょう。

あともしも、差益の有無を自分で監視するとなれば、気の許す時間もなくなります。

仮にシステムが完全に監視して、売り買いも自動でできるならば話は別です。

しかし、そんなすごいシステムを利用するには

一体いくらのバックオファーが

待ち構えているか想像できません。

というか、この業界、大体のオファーって298000円が相場ですけどね(笑)

30万近くもだしたら

それ相応のシステムを提供してくれるだろうという

意識が芽生えるのでしょう。

2,3万じゃ役にたたなそうだし、

4,50万じゃ簡単に払えないし

ということでしょうか。
そして情報弱者向けのオファーには必ず、

簡単、時間もかからない、初心者もOKという三拍子が付きまといます。

簡単なら一か月分の給料なら払ってもいいかな

というのは危険です。
LPによると、

これからセミナーなどが、数か所で開催されるようですが、

投資の専門家に言いくるめられないように注意が必要です。

最後に


FXとか、気軽にやったり、自己流でやったりしてダメで、

商材かったり、塾に通ったりして

それでもダメで簡単確実なんてオファーにたどり着くケースも多いかもしれませんが、

仮想通貨に関しては、

やったことのない人には

価値のあるかないかわからないものに

お金を払って

数字を買っているぐらいに思えて

怖いのはわかりますが

まだやってもいないのにオファーに飛びつきそうな人が多いのではないでしょうか。

失敗もしていないのにシステムに頼るのではなく、

ご自分で勉強と研究をして仮想通貨投資ビジネスをやってみては

いかがでしょうか。

30万ポンっとドブに捨てるよりも

仮に損したとしても得るものはあると思います。
もしもオファー主の言ってることとやってることに矛盾や疑問を感じたら、お気軽にご相談ください。

そして当ブログをブックマークしてください。

有益な情報もご紹介していきます。
ヨシカズでした。


その他の仮想通貨の記事はコチラです。

あなたからのメールお待ちしております


副業のお悩みなど些細なことでも構いませんのでご連絡ください。

鈴木喜一に連絡

メーラーが立ち上がらない場合こちらをコピペしてください。

diet2003a@gmail.com